女性の悩みは専門医に

抜け毛対策にはどんなことが重要か

抜け毛に悩んでいるのは男性というイメージが強いのですが、実際はそういったことではなく、女性も悩まされているのが多くて、女性の抜け毛は30歳前後と50歳前後にピークがやってくると言われています。このようなことをある程度は理解しておくことはすごく大きなことだと思いますね。

 

女性は産後、ホルモンの影響で髪が抜けやすくなるほか30歳前後は仕事や育児のストレスを訴える人が多く見られ、また50歳前後は更年期で抜け毛が目立ちやすくなるケースが殆んどなんですね。このようなことが関係するために、気づかない部分で、急激に髪が抜けやすくなってしまい、のちのち頭皮の薄いことに悩まされてしまいます。

 

抜け毛で医院を訪れる人としてはほとんどが心の悩みをかかえている人が多く、精神的なことが原因で薄毛が関係すると考えリヒトも多く、頭皮についてはこれまで専門委員が少なく、医学的にもわかっていない部分が多かったのですが、現代はかなり進化しているために、女性が薄毛に悩んだ場合は、まず専門医に相談をしてもいいかと思います。

 

個人の判断で、たとえばフィナステリドなどを服用すると、副作用が起こる可能性があります。フィナステリドが含まれているプロペシアやフィナステリドはあくまでも男性専用であり、女性が服用することで大きな副作用が起こる可能性があるために、十分に注意が必要になります。

 

 

上部へもどる