ヘアサイクルの乱れ

いまだにフィナステリドは世界的に評価が高い抜け毛予防の薄毛予防に効果的な成分です。

 

日本人の中でも一番多い抜け毛はAGAが関係し、ヘアサイクルの成長期が短くなり、太く硬く長い毛が減り、細く柔らかく短い毛が増えてくることで進行してしまうといわれています。これを専門的には硬毛の軟毛化と読んでいるそうです。

 

生まれた時は太く硬く長い毛はなく、全身は細く柔らかく短い軟毛で襲われるそうです。
軟毛はメラニン色素が少なく、短く細いために目立たないだけでなく、整腸とともに軟毛は太く硬く長い硬毛に置き換えられるそうです。つまり、何もの硬毛化がおこるそうです。AGAではそれを正反対の硬毛の軟毛化が起こり、地肌が見えるようになるそうです。

 

今までは、4〜6年の成長期で抜けていたのが、AGAが原因で1年も満たないうちで、細く柔らかい毛で抜けてしまう・・・

 

これは本当に一大事です。

 

そこで、フィナステリドを使い、AGAを改善するわけですね。
あくまでも、フィナステリドの場合は、AGAを予防するだけで、発毛や育毛効果まではないと言われています。

 

そのために、フィナステイリドと、ミノキシジルのダブルで使いのが望ましくなりますね。

 

 

上部へもどる