紫外線で髪の抜け毛に

災害線の影響で抜け毛に?

悩まされる抜け毛の原因として男性ホルモンの低下で起こるテストステロンと5αリダクターゼの結合です。しかし、これだけでなく、他の部分も多少は関係してきます。その一つが紫外線です。

 

紫外線は、髪の毛だけでなく、皮膚や眼など、さまざま生部分で悪影響を及ぼすのですが、最近ではがんを誘発する恐れもあるという実験データが出ているために、幾分の注意は必要になると思います。紫外線も一年中、同じ量を与えるわけでなく、夏場の強い紫外線は、髪のケラチンを破壊し、キューティクルがめくれて、浮き上がることが大きな要因とされています。

 

髪の毛は紫外線によって痛めつけられると、一寸こすれただけでキューティクルがはがれ、これが髪の毛の抜け毛に関係するわけです。タンパク質や脂質がシャンプーの際に溶け出しやすくなり、髪は変色したり、カサついたりして強度が低下し、抜けやすくなるのです。こういったことで、出来るだけ外に出るときは防止などをかぶる、日傘をするなど心がけたい所ですね。

 

なかなか目では気づかないことですが、年炎紫外線の量が高くなり、頭皮や髪の毛だけでなく、毛母細胞にも大きなダメージを受けるために、抜け毛や薄毛の予防のために、一つ心がけたいですね。

 

 

上部へもどる