自毛植毛の効果は?

フィナステリドに効き目がない場合

どうしてもフィナステリドの効果が見られない時は自毛植毛の力を借りてもいいかと思います。毎日のように、フィナステリドを服用し、頭皮にミノキシジルを塗るという作戦が現在では主流だと思いますし、たしかに抜け毛に悩んでいる人で効果を表している人は多いと思いますが、それでも完全に改善ができていない人もいます。

 

フィナステリドやミノキシジルを実行して効き目が出ない人、このまま諦めるのかというと、そうではなく、最終手段として自毛植毛が有ります。しかし、かなりのお金を投資しなくてはいけないために、ほんとに最終手段ということになるかと思いますが、確実性が有り、かなり長い期間利用することができます。

 

自毛植毛は、簡単にいえば、後頭部の髪を引き抜いてから、その髪を現在薄い部分に移すという方法になります。

 

一般的に、前頭部や頭頂部が薄くなる要因としてはAGAが関係して、これは酵素が他の頭皮よりも多いことが原因です。酵素だけが薄くなるわけではなく、酵素と男性ホルモンの一種であるテストステロンが結合することが原因です。

 

しかし、後頭部には酵素が少ないために、抜け毛になりにくいことがわかっています。実際に、前頭部や頭頂部は薄くても、頭頂部が薄毛に悩まされている人はほとんど見たことがないと思います。それを利用したのが自毛植毛なんですね。

 

 

薄い部分がどれくらいの範囲なのかによりますが、もし気になる方がいたら是非試してみてください。

 

 

上部へもどる